×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

鳩糞害&対策

鳩糞害は1980年代あたりから、鳩による食害や糞害が多発しはじめてきましたね。都市部を中心に、鳩糞害の問題が深刻になってきています。体に比べて頭が小さく、ずんぐりとした体型で胸骨、胸筋が発達しています。鳩糞害対策業者がいろいろ出てきています。テレビコマーシャルでおなじみであるダスキンなど。
ハト糞害で取り上げられるようになったのが。糞に含まれる菌が糞の乾燥することによって。空気中に撒き散らされるため近所にいる人間に健康上の被害の悪影響を与えてしまうことです。はと糞害対策として、帽鳥ネットの設置。剣山器具の設置。鳥ワイヤーの設置。電気ショック・忌避剤のさんぷ。鳩糞害は、
バルコニー・ベランダをはじめとしてさまざまな所に糞害をあたえています。電車の駅や道路の高架橋・工場倉庫などにも糞害をあたえています。

鳩よけネットの設置

はと糞害対策は設置してすぐに効果が出ればよいのですが、鳩避けの多くは設置してその場ですぐに効果を発揮するものでもないのらしいのです。鳩が嫌がる仕掛けや匂いで徐々に鳩が寄り付かなくなるものですが、完全に効果を発揮するのにしばらく時間がかかるそうです。
鳩糞害は糞による悪臭・建物を汚し、金属を酸化させて美観を損なうだけでなく糞に含まれる菌が糞の乾燥することによって、空気中に撒き散らされるため近所にいる人間に健康上の被害の悪影響を与えてしまうことです。はと糞害でかなり悪者になっている鳩は。鳩は平和の象徴とよく言われます。古くから人間にとって身近な存在だった鳩でしたが。
いまや鳴き声・フン・いたずらなどにより害鳥のレッテルまで貼られてしまいました。もちろん鳩にとって悪気がある訳ではありませんが。人と鳩との関係を平和的に解決策がとられると良いですね。

鳩飛来防止対策

鳩糞害は人体に悪影響を及ぼすために深刻な問題になっています。はとの糞で困っている方も大変多いと思います。飛来防止対策の方法としては、あまりお金が掛からない方法もあります。材料費も安価、設置も簡単に出来る方法です。鳩に対しても安全でベランダの美観も損なうことがない方法です。
はと糞害対策方法として、釣りのてぐすを使います。ベランダに釣り用のテグスを張ります。まずはじめに止め具を壁に接着剤で固定します。柱に巻きつけるか接着剤でてぐすを張ります。鳩糞害対策材料と方法。釣り用のテグス(太さ5号程度)を用意します。台所用フック(出来るだけ壁の色に近いもの)、エポキシ系接着剤、ベランダ手すりに張ります。
フックにはまいもってドリルで小さな穴を開けておきます。はと糞害対策方法。張り方はベランダの外側に鳩が止まったとき丁度の首から胸にかけて、てぐすが触れるぐらいの高さがちょうど良い見たいです。鳩にとってはこれが非常に不快見たいです。

Copyright © 2009 鳩糞害対策あれこれ!